米国株投資初心者が色々な事を学んでます
自社株買いをする理由メリットについて

【自社株買い】株式を買い戻す理由とは

自社株買いをする理由メリットについて

自社株買いって?

自社株買いとは、株式会社が市場(株式市場)から自社の株式を買い戻す事を言います。

株式会社は、株主からの資本を得る為に株式を発行しています。

それを株主から買い戻す事を示しています。

なぜせっかく資本を提供してくれている株主から、わざわざ買い戻しを行うのでしょうか?

自社株買いで上がる指標があり、メリットがある為に行われます。

EPSが上がる

EPS(Earnings Per Share)とは1株当たりの利益の事です。

企業が稼いだ当期純利益を株式数で割った数値の事を示しています。

EPS=当期純利益÷発行済株式数

EPSは分母が発行済株式数となっています。
ですので、自社株かいをする事により発行済株式数を減らす事ができ、EPS(1株あたりの利益)を上げる事がきます。


当期純利益1億円、発行済株式数100万株

EPS=1億÷100万株=100円

そこで、今回自社株を50万株買いました。

EPS=1億÷50万株=200円

自社株買いを行う事により、EPSが高まった事を確認できます。
EPSが高いほど、1株あたりから効率的に利益を生んでいる事になります。
利益を効率的に生んでくれた方が投資している身としては良いですよね。

BPSが上がる。

BPS(Book-value Per Share)とは1株あたりの純資産です

企業の純資産を発行済株式数で割った数値の事を示しています。

BPS=純資産÷発行済株式数

BPSも分母が発行済株式数となっています。
ですので、自社株買いをする事によっり発行済株式数を減らす事ができ、BPS(1株当たりの純資産)を上げる事ができます


純資産1億円、発行済株式数100万株

BPS=1億÷100万株=100円

そこで、今回自社株を50万株買いました。

BPS=1億÷50万株=200円

自社株買いを行う事により、BPSが高まった事を確認できます。
BPSが高い方が企業としての安定性が高い事が考えられますので、投資家からの人気も高くなります。

PBRが下がる

PBR(Price Book-value Ratio)とは株価純資産倍率です。

株価が1株当たりの純資産の何倍になっているかを示しています。

PBR=株価÷1株当たりの純資産(BPS)

自社株買いを行うと、BPSが上がる事を紹介させて頂きました。
その為、分母の1株あたりの純資産(BPS)が上がり結果的にPERは下がります。


株価200円、BPS100円(自社株買い前)

PBR=200円÷100円=2倍

株価200円、BPS200円(自社株買い後)

PER=200円÷200円=1倍

PERの値は低いほど格安と言われていますので、PERが低いとそれだけ投資家からの注目を浴び易くなります。

ROEが上がる。

ROE(Return On Equity)とは自己資本利益率の事です。

株主から集めた資金を使って企業が効率よく利益を生み出しているのかを示しています。

ROE=当期純利益÷自己資本

ROEは一見すると自社株買いとは関係ないように思えますが、大きく関係してきます。

自社株買いは自己資本を使って行われる為に、自社株買いをすると自己資本が減る事になります。
その為、結果的に分母が小さくなりROEを上げる事ができます。


当期純利益1000万円、自己資本1億円の企業

ROE=1000万÷1億円=10%となります。

そこで、自己資本金を使って自社株買いを行いました。

今回は、自己資本5000万円分の自社株を購入しました。

ROE=1000万÷5000万=20%となります。

自社株買いを行う事により、ROEが高まった事が確認できます。
ROEが高いとそれだけ企業が効率よく利益を生んでいる指標になりますので、投資家からも良い傾向と捕らえられ易くなります。その為、株価も上がり易くなります。

最後に

自社株買いを行うメリットについて書いてみました。

どのメリットも、株価を上げる事に繋がる要因になります。

自社株を決めるは、その企業の経営層であったり上の人等です。

その人たちが、いくつかの制約はあるものの自己資本を使って自社の株を買戻している訳です。

今後の企業の状況を考えて、株価上昇の要因があったり現在の株価が格安であると判断できなければ自社株買いは行わないはずです。

これは投資家に向けての、チャンスにもなっているはずです。

その為、自社株買いのタイミングで株価は上昇する事が御座います。

結果的に株主への還元になります。

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。