米国株投資初心者が色々な事を学んでます
投資信託の買い方

【金のなる木】投資信託の買い方

投資信託の買い方

投資信託

NISAや積立NISA等が少しずつ世間に広まっていくのと共に、【投資信託】も以前より耳にする回数が増えているように感じます。
興味を持っていても中々調べていない人や、買うまでに至っていない人いるかと思います。
会社員Dも最近までそうでした。
なんか、やり方が分からないと面倒なんですよね。

そこで、投資信託の買い方をまとめて見ました。
会社員Dが使っているのは、楽天証券ですので楽天証券での買い方になります。
難しい事は何1つ御座いませんが、参考になりましたら幸いです。

始めに

楽天証券にアクセスします。
アクセスしましたら、ホーム画面にある「投信を選択」してください。
投信=投資信託になります。

そうしますと、投資信託のページに行きます。
その後、どの投資信託を買うのか。調べて買っていく事になります。
今回は、ランキングを選択した例をご紹介していきます。

ランキングを選択すると、全銘柄・積立・NISAの3つの分類でTOP3までのファンドが出てきます。
皆様が、投資信託をする際に人気の銘柄って事です。

一概に、人気がある物が良いと言い切れませんが参考程度にするのは良いのではないでしょうか。
数多くの投資信託がありますのでどれを選択するのか迷っている人は、こちらから選択するのも良いかもしれません。

今回は、会社員D自身が投資している積立(週間)3位のeMAXISSlim全世界で購入までをみていきたいと思います。
これがオススメと言っている訳ではないので、買い方の確認でお願い致します。

選択すると、下の画像のページになります。
スポット購入、積立注文、つみたてNISA等どの買い方をするのか選択する事になります。

  • スポット購入は、1回ずつ買うイメージです。
  • 積立注文は、毎月何日に積立を行うのか設定してその日になると買ってに積立を行ってくれます。
  • つみたてNISAは、積立NISAを設定していれば可能になってきます。こちらも、積立注文同様に、予め積立日程を設定しておきそれに則って積立を行ってくれます。

皆様に適した方法で設定して頂ければと思います。

スポット購入

スポット購入を選択すると、このような画面になります。

買付金額で金額を設定します。()の中に申込単位が書いてあります。
100円以上1円単位で投資できます。100円以上であれば何円でも良いでの、皆様の投資したい金額を入力します。

次に、ポイント利用の有無です。
楽天市場で商品を買ったりしてポイントが溜まっている人は利用する事ができます。
一部利用、全て使う、使わない、から選択できます。

次に、分配金コースです。
分配金が会った際に、その分配金を受け取るのかor分配金も投資してもらうのか設定する事になります。
会社員Dは再投資型に設定しています。ですので、投資して分配されたお金を更に投資に回しています。

次に、口座区分を設定です。
特定口座にするのか、一般口座にするのか決めます。
NISAが選択できなくなっているのは、NISAを設定していないからです。
ここでNISAを設定している方は、選択できるようになっています。

最後に、目論見書を確認してお終いです。
目論見書とは、簡単にいうと投資する際に重要な事項を説明した書類の事です。
初めて投資をするファンドですと、この目論見書を確認しなければ投資できませんので目を通して見てください。

積立注文

積立注文を選択すると、このような画面になります。

積立注文では、引落方法が複数御座います。
証券口座から引落を設定する方法。
楽天カードでクレジット決算を行う方法。
楽天銀行・楽天カード支払口座からの引落を行う方法。

それぞれメリットがありますので、それぞれに合わせた投資方法で購入頂ければと思います。

この設定が終わりましたら、分配コース等スポット購入と同じような設定箇所がありますので設定頂ければと思います。

最後に

投資信託ですが1つのファンドに投資を行えば、様々な企業や地域に投資を行ってくれるファンドも多く御座います。

実際に会社員Dが投資しているファンドでは、全世界を投資対象としています。
ですので、世界経済の成長と共に資金も増えていってくれる事を期待しています。

【金のなる木】

と書かせてもらいましたが、100円から投資できるファンドも御座います。
なんとなく、コンビニで買うジュースやお菓子類よりも少ない金額です。

お金を使って、脂肪を蓄えるのか。
お金を使って、資金を蓄えるのか。

毎日コンビニに行くのを止めて、少しずつの金額で投資信託を始めるのも良いのでは無いでしょうか。
資金が減る可能性も御座いますが、100円からであれば始めるハードルは高く無いかと思います。

関連記事

投資信託とは? 言葉を直訳すると。 投資とは、事業などに資金を出す事です。信託とは、信用を託して一定の目的で財産の管理等をさせる事になります。 ですので、お金を託して運用管理をしてもらう事になります。 投資信託とは[…]

投資信託解説

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。