米国株投資初心者が色々な事を学んでます
1株当たり利益EPSについて解説

【1株当たり利益】EPSで見る株価

1株当たり利益EPSについて解説

EPSとは

EPS(Earnings Per Share)とは、1株当たりの純利益を意味します。

1株で企業がどれだけ稼いだのかを示しているので、企業の収益を生む力を判断する時に使います。

EPSが高いと収益力が高いという事になり、低いと収益力が低い事になります。

EPS=当期純利益÷発行済株式数

EPSは当期純利益を発行済株式数で割ると求める事ができます。


企業A
当期純利益1億円、発行済株式数200万株
この企業のEPSを見てみましょう。

EPS=1億÷200万株=50円

ですので、この企業は1株当たり50円の利益を生んでいる事になります。

企業B
当期純利益1億円、発行済株式数が500万株
この企業のEPSを見てみましょう。

EPS=1億÷500万株=20円

ですので、この企業は1株当たり20円の利益を生んでいる事になります。

こうしてみると、企業Aよりも企業Bの方が1株あたりの収益力が高い事が分かるかと思います。
このEPSは他の会社のEPSと見比べた際に、規模等の影響を除外した比較が可能になります。

関連記事

BPSとは BPS (Book Value Per Share)とは、1株あたりの純資産を意味します。 1株あたりの純資産を示していますので、値が高いほど純資産が多く負債が少なく安全性が高い企業と言えます。 B[…]

1株当たり資産BPSについて解説

株価との関係性

株価=EPS(1株あたりの純利益)×PER(株価収益率)

計算式からも分かりますように、EPSが高いと株価も上がり、EPSが下がると株価も下がる事が考えられます。


企業A
EPSが200円、PERが20倍

株価=200円×20倍=4000円

となります。

この企業が、毎年EPSを10%増加させた場合10年後のEPSは200円×1.1の10乗の518円になります。
10年後もPERが20倍のままであれば
株価=518円×20倍=10360円になります。

EPSの上昇と共に株価も上がる事が分かります。

同業種の中での平均的なEPSよりも投資しようとしている企業のEPSが低い場合、今後EPSが同業種の平均まで伸びていき結果的に、株価が上がっていく可能性も考える事ができます。
反対に投資企業の方がEPSが高い場合、将来的に同業種の平均まで下がっていき結果的に、株価が下がっていく可能性も考える事ができます。

つまり、今の株価からみて将来的にどの程度の株価になるのかの1つの目安を立てる事ができます。

関連記事

PERって? 会社の利益と比較して今の株価が格安なのか?これが株価収益率PER(Price Earnings Ratio)となります。 PBR<10が格安PER=15で適正PER>20で割高 PER=株価/1株当たりの純[…]

PERを簡単に解説

EPSが上がる要因

①当期純利益が増える
計算式でも当期純利益が分子にきていますので、当然なんですが当期純利益が増えれば増えるほどEPSは上がっていきます。

②発行済株式数が減る
これは自社株買いや株式併合を行うと減ります。
自社株買い=株主への利益還元という意味でよく耳にしますが、BPSやEPSが増え株価も上昇しやすくなりますので投資家にとってはメリットがあります。

最後に

EPSは自分が保有している株で、どれだけの利益が生まれているのかを確認する事もできます。

利益が増えれば増えるほど、株価も上がっていきますので投資家にとっては大変重要な指標になります。

EPSが継続的に伸びていれば、その企業は継続的に利益を生み続けている事になります。
それは、他社に比べて競合優位性を持っている事にも繋がると考えています。

毎年継続してEPSを増加させている企業を見つけ、投資を続ける事が資産形成の大きな核になります。

今後もEPSを確認しならが、継続的に利益を継続している企業への投資を行っていきたいと思います。

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。