米国株投資初心者が色々な事を学んでます
利益について解説

最も気になる指標の1つ利益について解説してみました

利益について解説

利益ってそもそも何種類あるの?

皆さんが決算書等を企業の事を確認する際に、必ずこの利益の項目については目を通されているのではないでしょうか。

利益がある企業と利益がない企業

お聞きするまでも無く、利益がある企業の方が良いに決まっていますよね。

しかし、利益と一括りにいっても何種類かの項目に分かれていてどの利益が何を表しているのか理解ができませんでしたので今回まとめてみました。

始めに、利益には下記の5種類が御座います。

売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益

それぞれの利益を並べてみるとこのような流れになります。

  • 売上総利益は、会社のもっとも基本的な利益になります。
  • 営業利益は、会社が本業としているもので儲けた利益になります。
  • 経常利益は、会社の本業+それ以外で得た利益になります。
  • 税引前当期純利益は、言葉の通り税引前の利益にります。
  • 当期純利益は、会社が最終的に稼いだ利益になります。

それぞれを少し細かく確認していきます。

売上総利益

一般的に粗利と言われたりもしています。
もっとも根本的な利益であり、売上高からそれの原価を引いたものになっています。

売上総利益=売上高−売上原価

りんごを1個50円(原価)で仕入れて100円(売上高)で売っている企業の総売上利益は50円(総売上利益)といったところです。

営業利益

会社が本業から得ている利益となっています。
ですので、こちらの項目がしっかりと利益をあげていれば基盤が順調である事が確認できます。

営業利益=売上総利益ー販売費及び一般家管理費

販売費及び一般家管理費とは販売部門等で発生したコストのことです。
例を挙げるなら、家賃、人件費、広告費等がこれにあてはまります。

経常利益

会社が行っている本業から得た利益に、それ以外の事業から得てい利益を加えたものになります。

経常利益=営業利益+営業外収益−営業外費用

本業が上手くいっていても、支払利息などが大きければ経常利益は少なくなります。
ですので、企業の経営を把握しやすい利益となっています。

営業外収益・営業外費用とは本業外で費用になるものです。

  • 営業外収益の例をあげるなら、受取手数料や有価証券売却益等がこれに当てはまります。
  • 営業外費用の例をあげるなら、支払利息や有価証券売却損等これにあてはまります。

税引前当期純利益

こちらはのイメージをしやすいのではないかと思います。
文字の通り、税金が引かれる前の利益です。

税引前当期純利益=経常利益+特別利益−特別損失

特別利益・特別損失とは会社の臨時の収入・出費となります。
通常の活動では生じない突然起こった、会社にとって良い事・会社にとって悪い事が起こったといったイメージを持って頂ければと思います。

  • 特別利益の例を挙げるなら、固定資産売却益や投資有価証券売却益等がこれにあてはまります。
  • 特別損失の例をあげるなら、固定資産売却損や投資有価証券売却売却損等がこれにあてはまります。

当期純利益

そして当期純利益が最終的に稼いだ利益となっています。

当期純利益=税引前当期純利益−税金(法人税・住民税・事業税)

実際にどのようにみていくのか

5つの利益について記載してきました。

やはり最初に確認すべき事は、どの項目もマイナスになっていない事がBESTだと思いますが、そうじゃないパターンも御座います。

ですので、大まかに確認をしたらそれぞれの項目を確認する必要が出てきます。

最終的な当期純利益がプラスだとしても、各種利益の項目をじっくりと見る事によって更に企業の事を理解できてきます。

下記に2つのパターンを書いてみました。

パターン1
当期純利益プラス・経常利益マイナス

最終的に稼いだ当期純利益がプラスになっている!

これは企業として上手くいっている証拠だ!

何も知らなかった会社員Dの頭の中です。

当期純利益がプラスになっていても経常利益がマイナスになっていれば、企業の利益はマイナスで固定資産売却益や投資有価証券売却益の特別利益を生み出している事も考えられます。

ですので、現在は全体としてはプラスですが今後特別利益を生み出すものがなくなった際に当期純利益もマイナスに転換する可能性が懸念されてしまいます。

パターン2
経常利益プラス・営業利益マイナス

こちらもパターン1同様に考えてみます。

経常利益がプラスで一安心、しかし営業利益がマイナスになっています。

八百屋さんが野菜を売る事が上手くいっておらず、野菜を栽培していた土地を貸して収益を得ているとイメージでしょうか。
イメージしづらかったらすみません。

つまり、営業外収益に依存しており本業である事業が芳しくない事を考えなければいけません。

最後に

当期純利益(結果)が同じでも、そこにたどり着くまでの違いには大きな違いがある事に気がつきました。

最終的な部分しか判断基準に持っていないと、大きな失敗をしてしますかもしれません。

企業の利益は投資をしている身からすれば、最も重要な項目の1つであると思います。

じっくりと確認して、企業の姿を確認できるようになりたいものです。

今後もしっかりと勉強を続けていきたいと思います。

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。