米国株投資初心者が色々な事を学んでます
自己資本比率について

【企業を見極める】自己資本比率

自己資本比率について

自己資本比率とは

自己資産比率は自己資本を総資産で除すると求める事ができます。

自己資産比率=自己資本÷総資産

自己資本と総資本についても簡単に確認です。

自己資本とは、貸借対照表の純資産の部を指しています。
自己資本は株式会社では、株主から払い込まれた資金と会社が事業で稼いだ金額で構成されています。
ですので、返済の義務等は無い資金になります。

総資産とは、負債と自己資本を合計した全ての資産になります。
細かく分けると、下記のようになります。

純資産=流動負債+固定負債+自己資本
負債も含まれているので、返済義務があるお金等を含んでおります。

少し脱線してしましますが、貸借対照表では総資産は流動資産と固定資産と繰延資産から構成されています。簡単に記載させて頂きます。

・流動資産
流れて動く資産と書かれているように、1年という短期間のうちの現金化できる資産です。
例を挙げるなら、現金や預金、有価証券等がこれに当てはまります。
・固定資産固定と書かれているように、長期にわたってもつ資産がこれに当てはまります。
例を挙げるなら、土地や建物等がこれに当てはまります。
・繰延資産
繰り上げて延ばすと書かれているように、簡単に書くと長く続くような資産となります。
例を挙げるなら、研究開発費や開業費などがこれに当てはまります。

総資産は負債と自己資本から成り立っていて、返済義務があるお金も含んでいる事がおわかり頂けたかと思います。

では何故、総資産のうち自己資本の割合を求める事が必要なのでしょうか?

自己資本比率の必要性

人間に置き換えて考えてみます。

会社員Aさんの場合
Aさんの総資産は500万円です。

進学の為に借りた奨学金を毎月少しずつ返済しているだけで、他に大きな借金やローンも無く、非常に健全な生き方をしております。

毎月コツコツ貯金もしております。

総資産≒純資本であり、急な出費や変化にも耐える事のできる資産を形成しています。

会社員Dさんの場合
Dさんの総資産は1000万円です。

総資産で見たらAさんよりもお金を持っています。

しかし、所有している車のローン、都内に購入したタワマンのローン、高級時計のローン等月々の返済義務のあるお金が多くあります。

毎月手元に残るお金はほんの僅かです。

総資産>>>>自己資本であり、会社員Dさんが体を壊してしまって本業の会社から給料を受取る事ができなくなったら、直ぐにお金を払えなくなってしまいます。

分かり易くなるように、極端に書かせて頂きましたがこれを見ていかがでしょうか。

総資産だけを見ていると所有している車・タワマン・時計の資産含んでいます。
その為、返済義務のない自身の資産がどれだけあるのかを確認する事ができません。

本業が悪化した際には自己破産の可能性や、更に他の金融機関等から返済分のお金を借りなければいけない可能性も考えられます。

このような倒産等のリスクを事前に回避する為に、自己資本比率を見る事が大切になってきます。

自己資本比率の目安

一般的に言われている目安を記載致します。

超優秀企業;70%以上
優秀企業;50%以上
普通企業;20%以上(40%を超えると倒産のリスク殆ど無し)

自己資本比率が高い程、借入金が少なく手元に残ったお金で資金繰りはおこない易く倒産しにくい会社だといえるかと思います。

最後に

今回は、自己資本比率を見てきました。
総資産に対しての自己資本の割合です。

自己資本比率=自己資本÷総資産でした。

自己資産が豊富にあるという事は、資金繰りが行い易く倒産のリスクが低い事が確認できます。

長期的に環境の変化に柔軟に対応して継続し続ける可能性を秘めている企業を見つける事ができます。

会社員Dは長期投資を基本としているので、こちらの項目はしっかり確認して今後の投資に生かしていければと思います。

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。