米国株投資初心者が色々な事を学んでます
銘柄分析米国株アルファベット

【銘柄分析】米国株GOOGL(アルファベットクラスA)

銘柄分析米国株アルファベット

基本情報

ティッカーGOOGL
増配年数0年
時価総額(百万ドル)1,047,796.00
企業価値(百万ドル)935,583.20
EBITDA(百万ドル)47,579.00
売上高(百万ドル)161,857.00
当期純利益(百万ドル)34,343.00
2019年度

収入

百万単位2017年2018年2019年
Google検索など69,81185,29698,115
YouTube広告(1)8,15011,15515,149
Googleプロパティ77,96196,451113,264
Googleネットワークメンバーのプロパティ17,61620,01021,547
Google広告95,577116,461134,811
Google Cloud4,0565,8388,918
Googleその他(1)10,91414,06317,014
Googleの収益110,547136,362160,743
その他のベット収益477595659
ヘッジ利益(損失)-169-139455
総収入110,855136,819161,857
(1)YouTubeの非広告収入は、Googleの他の収入に含まれています。

こうして見てみると、全ての事業で成長を遂げている事が分かります。

業績

売上高:FY13からFY19にかけて右肩上がりで約3倍まで成長しています。
営業利益:FY13からFY19にかけて右肩上がりで2倍以上成長しています。
当期純利益:FY13からFY19にかけて右肩上がりで3倍近く成長しています。
営業利益率:FY18の19%を除いて全て20%を超えています。平均で24%となっています。
当期純利益成長率:FY18での143%がありますが、その他の年度では10〜20%の成長を見せています。
希薄後EPS:FY13から順調に伸びており、FY19で$49.16となっています。ここ7年間で2.5倍ほどになっています。

GOOGLの業績
関連記事

利益ってそもそも何種類あるの? 皆さんが決算書等を企業の事を確認する際に、必ずこの利益の項目については目を通されているのではないでしょうか。 利益がある企業と利益がない企業 お聞きするまでも無く、利益がある企業の方が良い[…]

利益について解説
関連記事

EPSとは EPS(Earnings Per Share)とは、1株当たりの純利益を意味します。 1株で企業がどれだけ稼いだのかを示しているので、企業の収益を生む力を判断する時に使います。 EPSが高いと収益力が高いとい[…]

1株当たり利益EPSについて解説

株主還元

株式:FY18までは増加していましたが、FY19では発行済株式数を減らしています。

GOOGLの株式
関連記事

自社株買いって? 自社株買いとは、株式会社が市場(株式市場)から自社の株式を買い戻す事を言います。 株式会社は、株主からの資本を得る為に株式を発行しています。 それを株主から買い戻す事を示しています。 なぜせっかく[…]

自社株買いをする理由メリットについて

資産・負債関係

ROA:安定して10〜20%の間で推移しています。
ROE:安定して10〜20%の間で推移しています。
自己資本比率:ここ数年では70%以上の推移を示しております。凄いです。
流動比率:ここ数年下げてはいますが、それでも300%を超えており素晴らしい数値で推移しています。

GOOGLのROAROE自己資本比率
GOOGLの流動比率
関連記事

始めに ROA(純資産利益率)・ROE(自己資本利益率)いずれも重要な項目として、目にする指標かと思います。 しかし、どちらもRから始まる指標で見慣れない単語の為どちらが何を意味しているのかゴチャゴチャになってしまっています。[…]

ROA・ROEについて解説
関連記事

自己資本比率とは 自己資産比率は自己資本を総資産で除すると求める事ができます。 自己資産比率=自己資本÷総資産 自己資本と総資本についても簡単に確認です。 自己資本とは、貸借対照表の純資産の部を指しています。自己資[…]

自己資本比率について
関連記事

流動比率について 流動性比率とは、会社の短期的な安全性を判断する為の指標です。 流動比率=流動資産÷流動負債 貸借対照表の流動資産と流動負債の比率から判断します。ここで流動資産と流動負債が出てきましたので解説させて頂きま[…]

流動比率について説明

キャッシュフロー

営業CFを年々伸ばしておりますが、フリーCFはここ数年横ばいとなっています。
CFマージンも30%を下回っている年度はありません。安心できます。平均で35%となっています。

GOOGLのキャッシュフロー
関連記事

キャッシュフローとは キャッシュフローとは決算書の中に含まれる1つの項目です。 貸借対照表(B/S);資産、負債等の状況を確認できます。損益計算表(P/L);利益や費用等の状況を確認できます。キャッシュフロー計算表(CF);現[…]

キャッシュフロー確認

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。