米国株投資初心者が色々な事を学んでます
銘柄分析米国株ショッピファイ

【銘柄分析】米国株SHOP(ショッピファイ)

銘柄分析米国株ショッピファイ

基本情報

ティッカーSHOP
配当年数0年
時価総額(百万ドル)126,542.60
企業価値(EV)(百万ドル)122,541.70
EBITDA(百万ドル)-105.50
売上高(百万ドル)1,578.17
当期純利益(百万ドル)-124.84
2019年度

Shopifyは世界をリードするコマース企業であり、あらゆる規模の小売ビジネスを開始、成長、マーケティング、および管理するための信頼できるツールを提供しています。Shopifyは、信頼性を高めるように設計されたプラットフォームとサービスを提供し、あらゆる場所の消費者に優れたショッピング体験を提供することで、誰にとっても商取引を改善します。Shopifyは、Webベースおよびモバイルベースのソフトウェアを構築し、小売業者が豊富な美しいオンラインストアフロントを簡単にセットアップできるようにしています。売り手は、当社のソフトウェアを使用して、Webおよびモバイルのストアフロント、実店舗、ソーシャルメディアストアフロント、マーケットプレイスなど、すべての販売チャネルにわたってビジネスを運営しています。Shopifyプラットフォームは、すべての販売チャネルにわたるビジネスと顧客の単一のビューをマーチャントに提供し、製品と在庫を管理できるようにしています。
ソーシャルメディア、クラウドコンピューティング、モバイルデバイス、データ分析が商取引の新しい可能性を生み出している時代に、Shopifyは商人を提供することによって差別化された価値を提供します。
Shopifyは、販売者がブランドを所有し、購入者と直接的な関係を築き、購入者の体験を印象的で独特なものにするように設計されています。購入者の選択肢がかつてないほど増加している世界では、販売者のブランドの重要性がますます高まっています。Shopifyプラットフォームは、商人がすべてのやり取りでブランドを維持できるように設計されており、購入者のロイヤルティと競争上の優位性を構築するのに役立ちます。私たちのプラットフォームは最初に商人に力を与えるように設計されていますが、買い手が彼らの支払いが安全であると確信しているとき、商人は利益を得ます。Shopifyが優れた安全なチェックアウトエクスペリエンスを提供するという購入者の意識の高まりは、ますます競争が激化する市場における私たちの商人にとっての追加の利点であると信じています。Shopifyペイメントを使用する販売者の場合、Shopifyで販売する小売、フルフィルメント、配送などのブランドは、以前ははるかに大規模なビジネスでしか利用できなかったエンドツーエンドの管理されたショッピング体験をバイヤーに提供できます。

2019年ビジネスハイライト

世界中より多くの人が販売を開始できるようにしました

  • Shopifyはプラットフォームに13のネイティブ言語機能を追加しました-繁体字中国語、簡体字中国語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ヒンディー語、韓国語、マレー語、ノルウェー語、ポルトガル語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語-利用可能な言語の総数は20になりました。
  • Shopifyは、Shopifyペイメントをさらに4か国で発売し、Shopifyペイメントの可用性を15か国に拡大しました:米国、カナダ、イギリス、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、日本、シンガポール、香港、ドイツ、スペイン、オランダ、デンマーク、イタリア、スウェーデン。
  • Shopifyは複数の通貨での販売を開始し、ローカライズされたバイヤーエクスペリエンスを提供しながら、新しい市場への商人の拡大を促進します。
  • 2019年末のコア地域以外の拠点は29%でしたが、それと比較して2018年は、英語をほとんど使用しないコア地域以外の市場は24%でした。

より多くの販売と効率的な販売を支援

  • Shopifyは2019年にShopifyメール、ネイティブリッチメディア機能(ビデオと3D)、Shopifyチャット、注文編集などのいくつかの機能を発売し、Shopifyマーケティングの広告購入ツールを拡張して、販売者の操作を最適化し、販売コンバージョンを増やし、販売者を向上させましたブランド、そしてより良いバイヤー体験を提供します。
  • Shopifyは、タップ&チップリーダー、ドック、スタンドを含む新しい実物大のハードウェア製品のスイートであるShopifyリテールキットをリリースしました。これにより、小売業者は柔軟でシームレスな対面販売ソリューションにより優れた小売体験を提供できます。
  • ShopifyはShopifyフルフィルメントネットワークを立ち上げました。販売業者に分散型フルフィルメントセンターのネットワークを提供し、機械学習を利用してタイムリーな配送と配送コストの削減を実現し、販売業者がブランドと顧客体験を前面に出しました。
  • Shopifyは、Shopify Fulfillment Networkの開発を加速し、Shopifyがフルフィルメント業界の変革を支援するために、共同倉庫フルフィルメントソリューションの大手プロバイダーである6 River Systems、Inc.を買収しました。

2020年通年の期待

  • 21億1,000万ドルから21億1,600万ドルの範囲の収益
  • GAAP営業損失は3億2,400万ドルから3億4,400万ドル
  • 0から2,000万ドルの範囲の調整後営業損失。これには、株式に基づく報酬費用および関連する給与税3億ドル、および取得した無形資産の償却額2,400万ドルは含まれません。
  • Shopifyの従業員の成長に対応するための新しいオフィススペースに主に関連する約8,000万ドルの設備投資

業績

売上高:年々増加しております。非常に急激に増加しています。
営業利益:こちらは損失を増やしております。
当期純利益:こちらに関しても損失を増やしております。
営業利益率:10%未満で推移しています。
当期純利益成長率:こちらに関してもマイナスが増加しています。
希薄後EPS:こちらも同様にですね。利益がマイナスになっているのでこのような結果になっています。

しかし、現在発展途上の企業に見えますので成長が鈍化しないように投資を積極的に行っているのではないでしょうか。

SHOPの利益
SHOPの希薄後EPS

株主還元

株式:株式は増加傾向となっております。
配当は出していません。

SHOPの株式

資産・負債関係

ROA:FY14(マイナス23.4%) からFY19(マイナス3.6%)まで改善されています。
ROE:FY14(マイナス33%) からFY19(マイナス4%)まで改善されています。
自己資本比率:こちらは非常に高い値を推移しています。平均で84%となっています。
流動比率:FY18(1535%)を最大として非常に高い値を推移しています。平均でも835%となっています。

SHOPのROAROE自己資本比率
SHOPの流動比率

キャッシュフロー

FY19に営業CFが最も良い値を示しました。それに加えてフリーCFもFY19でプラスに転換しました。
CFマージンは最大で8%〜-1%で推移しています。平均で3%となっています。

SHOPのキャッシュフロー

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。