米国株投資初心者が色々な事を学んでます

AMZNアマゾン

2020年度第3四半期

営業キャッシュフローは、2019年9月30日に終了した過去12か月の353億ドルと比較して、過去12か月で56%増加して553億ドルになりました。
フリーキャッシュフローは、2019年9月30日に終了した過去12か月の235億ドルと比較して、過去12か月で295億ドルに増加しました。
フリーキャッシュフローからファイナンスリースおよびファイナンス債務の元本返済額を差し引いたものは、2019年9月30日に終了した過去12か月の146億ドルと比較して、過去12か月で184億ドルに増加しました。
フリーキャッシュフローから設備ファイナンスリースを差し引いたものと、他のすべてのファイナンスリースおよびファイナンス債務の元本返済額は、2019年9月30日に終了した過去12か月の105億ドルと比較して、過去12か月で179億ドルに増加しました。
第3四半期の純売上高は、2019年第3四半期の700億ドルに対し、37%増加して961億ドルになりました。四半期全体の為替レートの前年比変動による6億9,100万ドルの好影響を除くと、純売上高は36%増加しました。
営業利益は、第三四半期に$ 3.2億円の営業利益2019と比較して、第3四半期に$ 6.2億に増加しました。
2019年第3四半期の純利益は21億ドル、希薄化後1株あたり4.23ドルでしたが、第3四半期の純利益は63億ドル、希薄化後1株あたり12.37ドルに増加しました。

2020年度第4四半期見通し

  • 純売上高は、2019年第4四半期と比較して1,120億ドルから1,210億ドル、または28%から38%の成長が見込まれます。このガイダンスでは、為替レートから約90ベーシスポイントの好影響が見込まれます。
  • 営業利益は、2019年第4四半期の39億ドルに対し、10億ドルから45億ドルの間になると予想されます。このガイダンスでは、COVID-19に関連する約40億ドルのコストを想定しています。

利益

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。

銘柄分析の最新記事8件