米国株投資初心者が色々な事を学んでます

CrowdStrike

2021年第3四半期

  • ARRで9億700万ドル、純新規ARRで1億1700万ドルを達成。
  • 1,186の純新規サブスクリプション顧客を追加しました
  • 4つ以上のモジュールを使用する顧客が61%に増加し、5つ以上のモジュールが44%に増加し、6つ以上のモジュールが22%に増加したため、モジュールの強力な採用が継続されました。

記録的な第3四半期を達成し、全体的に私たちの期待を超える結果をもたらしましたようです。ビジネスの複数の分野における幅広い需要と強さにより、サブスクリプション収益は前年比87%の急成長を遂げ、1億1,700万ドルの純新規ARRを記録し、1,186の純新規サブスクリプション顧客を記録しました。CrowdStrikeの大規模な力強い成長は、セキュリティクラウドカテゴリでのリーダーシップの成長と、セキュリティ体制の変革、統合、強化を求める顧客に提供する計り知れない価値を強調しています。

収益:2020年度第3四半期の1億2,510万ドルと比較して、86%増の2億3,250万ドルでした。サブスクリプション収益は、2020年度第3四半期の1億1,420万ドルと比較して、87%増の2億1,350万ドルでした。

年間経常収益(ARR):前年比81%増加し、2020年10月31日時点で9億740万ドルに増加しました。そのうち、1億1680万ドルは、プリエンプトセキュリティの買収による680万ドルを含め、四半期に追加された純新規ARRでした。

サブスクリプション粗利益:GAAPサブスクリプション粗利益は77%でしたが、2020年度第3四半期は74%でした。非GAAPサブスクリプション粗利益は78%で、2020年度第3四半期は76%でした。

2020年10月31日現在、Preempt Securityの買収による64を含む、1,186の新規サブスクリプション顧客を追加し、合計8,416のサブスクリプション顧客を追加しました。これは、前年比85%の成長に相当します。

2020年10月31日現在、4つ以上のモジュール、5つ以上のモジュール、6つ以上のモジュールを採用しているCrowdStrikeのサブスクリプション顧客は、それぞれ61%、44%、22%に増加しました。

ServiceNow®サービスグラフコネクタプログラムに参加しました。新しい統合により、ユーザーは、CrowdStrikeFalcon®プラットフォームのデバイスデータをインシデント対応プロセスに統合し、セキュリティとIT運用の両方の結果を向上させることができます。

コンピューティングサービスとクラウドサービスカテゴリの統合によるAmazonWeb Servicesのサポートの拡張、開発、セキュリティ、運用(DevSecOps)の強化により、展開が容易な、より高速で安全なイノベーションが可能になります。

利益

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。

銘柄分析の最新記事8件