米国株投資初心者が色々な事を学んでます
PBRを解説

PBRを簡単に解説してみました

PBRを解説

PBRって?

会社1株あたりの純資産に対して現在の株価が何倍なのか?
これが株価純資産倍率PBR (Price Book-value Ratio)となります。

一般的にPBR<1であれば格安株であると考えられています。
株価純資産倍率(PBR) =現在の株価/1株当たりの純資産
で求める事ができます。

では、式の中に出てきました純資産とは何の事でしょうか。
分からない事を調べていたら、その解説の中に分からない言葉が出てきてしまいました。
これは、あるあるですよね。

それでは気を取り直して、純資産についてです。

純資産って?

純資産について細かく書いてしまいますと、長くなってしまうのでここでは簡単にお伝えいたします。
なぜ資産ではなく純資産が大切になってくるのでしょうか。

会社員Dは、資産が多ければ何の問題も無く良いものだと思っていました。

純資産は会社の総資産から負債を引いたものになります。

総資産=純資産+負債

負債とは、返済義務がある他人の資産となります。

純資産とは、純粋に「企業」の資産のとなります。

その為、資産が多いからといって企業自身の資産が潤沢にあるとは限らないという事になります。

それを、1株がいくらの純資産に当たるのかを示したのが
1株当たりの純資産BPS(Book-value Per Share)をという指標で表されます。

1株当たりの純資産(BPS)=純資産÷発行済株式数で求められます。

PBRって実際にどう考えるの?

実際にPBRをどの様に考えれば良いのかについてです。

公式を見てもお分かりいただける様に、株価を分子に、1株当たりの純資産を分母にとっています。

その為、PBRが下がるには2つのパターンが考えられます。

  • パターン1:1株当たりの純資産が増えれば、PBRが下がります。
  • パターン2:株価が下がれば、PBRも下がります。

パターン1
次の図のように、1000円という同じ株価の会社が2つあるとします。
それぞれの1株あたりの純資産が500円と2000円だったとしましょう。

この場合どのように考えればいいかというと

  • 株式会社A社の場合、1000円で買った株には500円の純資産がついています。
  • 株式会社B社の場合、1000円で買った株には2000円の純資産がついています。

皆さんこれだけを見ればどちらの株がお得ですか?

それぞれPBRをそれぞれ出してみましょう。

株式会社AのPBR:2=1000(現在の株価)/500(1株当たりの純資産)

株式会社BのPBR:0.5=1000(現在の株価)/2000株当たりの純資産)

ですので、会社Bの方が格安だと判断できます。

パターン2
次の図のように、1株あたりの純資産が1000円の会社が2つあるとします。
それぞれの株価が500円と2000円だったとしましょう。

この場合どのように考えればいいかというと

  • 株式会社A社の場合、500円で買った株には1000円の純資産がついています。
  • 株式会社B社の場合、2000円で買った株には1000円の純資産がついています。

皆さんこれだけを見ればどちらの株がお得ですか?

それぞれPBRをそれぞれ出してみましょう。

株式会社AのPBR:0.5=500(現在の株価)/1000(1株当たりの純資産)

株式会社BのPBR:2=2000(現在の株価)/1000(1株当たりの純資産)

ですので、会社Aの方が格安だと判断できます。

最後に

株価は価格が決まっているものはないので、格安の株・割高の株が存在してしまいます。

あくまで格安株の可能性を見極める1つの指標として、PBRを活用してお買い得株を探していきましょう。

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。

PERについても、まとめているので是非ご覧ください。