米国株投資初心者が色々な事を学んでます

ServiceNow

2020年第3四半期

当社の卓越した第3四半期の業績は、全面的に期待を上回り、通年のガイダンスを引き上げていますとCEOであるBill McDermott氏は述べています。
「COVIDは仕事の未来を再定義し、デジタルトランスフォーメーションを加速し、システム、サイロ、プロセスを全体的なエンタープライズワークフローに統合する必要性を増幅しています。ServiceNowは、デジタルビジネスのプラットフォームです。顧客はNowプラットフォームを活用して、世界中の多くの人々に素晴らしい体験を提供するワークフローを作成しています。世界を人々のためにより良く働かせることに情熱を注いでいます。これまで以上に自信を持っています。」

CFOであるGina Mastantuono氏は、次のように述べています。
困難なパンデミック環境において、第3四半期はServiceNowにとって素晴らしい四半期でした。サブスクリプション収益とサブスクリプション請求ガイダンスの上限を超え、製品ポートフォリオの力と、進化する顧客のニーズを満たす能力を強調しました。全体として、今年の最後の四半期に向けて強い勢いがあり、強力なパイプラインにより、2021年までうまく実行し続ける能力に自信が持てます。100億ドルになるための道のりで私たちが見ている牽引力に非常に興奮しています。

四半期中に、優れたエクスペリエンスを可能にする新しいワークフローを提供しました。プラットフォームと製品の革新には、企業がデジタル変革を加速するのを支援するように設計されたNow PlatformParisが含まれていました。同社はまた、新しいSafe Workplaceアプリ、ハードウェア資産管理、金融サービス運用、テレコムサービス管理、ネットワークパフォーマンス管理、法務サービス提供、職場サービス提供、コネクテッドオペレーションなどの多くの新製品を発表しました。垂直的な観点から見ると、第3四半期は、ServiceNowの連邦事業における史上最大の四半期であり、同社の史上最大の取引を含みます。
ServiceNowは最近、アクセンチュア、シスコ、デロイト、IBMとの新しく拡張されたパートナーシップも発表しました。

利益

*投資は自己責任です。あくまで参考程度に宜しくお願い致します。

銘柄分析の最新記事8件